古内東子デビュー30周年記念アルバム『体温、鼓動』のバーニー・グランドマンのカッティングによるアナログ盤がLP独自ジャケットで遂に発売!


古内東子の19作目のオリジナルアルバムを4月27日にソニーミュージックのアナログ盤専門レーベルGREAT TRACKSから発売した。

デビュー30年を通じてレコーディングやライブ活動でゆかりのあるピアニスト(中西康晴、河野 伸、森 俊之、草間信一、松本圭司、井上 薫、古内本人)を曲毎に起用し、ベースに小松秀行、ドラムスにTomo Kannoを従えた極上のピアノトリオによるサウンドが評判を呼んでいる『体温、鼓動』が遂にアナログ盤化。ファンからも是非レコードで聴いてみたいと待ち望まれていた作品だ。


今回のアナログ盤はバーニー・グランドマンによるカッティングで、ソニーの大井川工場での国内プレス盤となる。

また、LPサイズを生かしたCDとは異なるジャケット・デザインにも注目だ。


完全生産限定盤の為、確実に入手したい方は全国のレコード店、オンラインショップで早期の購入をお勧めしたい。


▼特設ページはこちらまで

https://www.110107.com/TOKO30/


【商品情報】

アーティスト:古内東子

タイトル:『体温、鼓動』

発売日:2022年4月27日

価格:各¥4,070(税込)

品番:MHJL-212

完全生産限定盤

<収録曲>

Side-A

01. 虜

02. 夕暮れ

03. 体温、鼓動

04. 時はやさしい

Side-B

01. 動く歩道

02. だから今夜も夢を見る

03. この夜を越えたら

04. はやくいそいで(2022 Piano Trio Version)


▼商品の詳細はこちらまで

https://www.110107.com/TOKO30/