古内東子デビュー30周年記念アルバム『体温、鼓動』がバーニー・グランドマンのカッティングでアナログ盤発売決定!


古内東子の19作目のオリジナルアルバムが4月27日にソニーミュージックのアナログ盤専門レーベルGREAT TRACKSから発売されることが決定した。

本作はピアニストに過去レコーディングやライブ活動を通じてゆかりのある名手(中西康晴、河野 伸、森 俊之、草間信一、松本圭司、井上 薫)を曲毎に起用。更にレコーディングでは今回初めて古内自身も1曲ピアノを弾いている。全曲ベースは小松秀行、ドラムスはTomo Kannoを迎えてのピアノトリオによる全8曲を収録。古内のセルフプロデュースによる充実したサウンドはアナログ盤でも聴いてみたくなる作品に仕上がっている。


今回のアナログ盤はバーニー・グランドマンによるカッティングで、ソニーの大井川工場での国内プレス盤となる。

また、LPサイズを生かしたCDとは異なるジャケット・デザインにも注目だ。

完全生産限定盤の為、確実に入手したい方は全国のレコード店、オンラインショップで早期の予約をお勧めしたい。

▼特設ページはこちら

https://www.110107.com/TOKO30/


【商品情報】

アーティスト:古内東子

タイトル:『体温、鼓動』

発売日:2022年4月27日

価格:各¥4,070(税込)

品番:MHJL-212

完全生産限定盤

<収録曲>

Side-A

01. 虜

02. 夕暮れ

03. 体温、鼓動

04. 時はやさしい

Side-B

01. 動く歩道

02. だから今夜も夢を見る

03. この夜を越えたら

04. はやくいそいで(2022 Piano Trio Version)


▼商品の詳細はこちら

https://www.110107.com/TOKO30/