古内東子デビュー30周年!4年ぶりのオリジナルアルバム『体温、鼓動』がデビュー記念日の本日2月21日に発売!アルバムのセルフライナーノーツも初公開!


古内東子の19作目のオリジナルアルバムが本日2月21日にソニーミュージックの新レーベルALDELIGHT(アルデライト)から発売され、特設ページではセルフライナーノーツが公開された。

1993年2月21日にシングル「はやくいそいで」でデビューして以来30年目を迎えた本日に19作目のオリジナルアルバム『体温、鼓動』をリリース。


今作はピアニストに過去レコーディングやライブ活動を通じてゆかりのある名手(中西康晴、河野 伸、森 俊之、草間信一、松本圭司、井上 薫)を曲毎に起用。更にレコーディングでは今回初めて古内自身も1曲ピアノを弾いている。全曲ベースは小松秀行、ドラムスはTomo Kannoを迎えてのピアノトリオによる全8曲を収録。古内のセルフプロデュースによる充実したアルバムに仕上がった。


また、エイミー・ワインハウス、エド・シーラン等の作品で知られるロンドンのメトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスがCDのマスタリングを手掛けているのも話題だ。


尚、特設ページでは各楽曲についてのセルフライナーノーツが本日より公開されているので、こちらも是非チェックして欲しい。

▼特設ページはこちら

https://www.110107.com/TOKO30/


【 商品情報 】

アーティスト:古内東子

タイトル:『体温、鼓動』

発売日:2022年2月21日

価格:各¥3,300 (税込)

品番:MHCL-2939

<収録曲>

01. 虜

02. 夕暮れ

03. 体温、鼓動

04. 時はやさしい

05. 動く歩道

06. だから今夜も夢を見る

07. この夜を越えたら

08. はやくいそいで(2022 Piano Trio Version)

▼商品の詳細はこちら

https://www.110107.com/TOKO30/